土曜日, 12月 5, 2020
No menu items!
ホーム WEBサイト制作 多店舗展開時にも対応 ホームページのドメイン設定

多店舗展開時にも対応 ホームページのドメイン設定

これからホームページを立ち上げるあなたはまずドメインを取得しないといけません。
また、現在1店舗の状態から2店舗目へ店舗の展開を行う際、取得したあなたのドメインはそのままでいいでしょうか?

結論は、サブディレクトリで階層を分けて、新たなドメインを作ってください。
ドメイン設定は、通常の場合、サブドメインと、サブディレクトリで設定するのですが、
店舗のホームページはサブディレクトリで階層を分けた方が良いです。
以下、仕組みや、手順を解説します。

例:美容サロンにおけるドメイン

メインドメインとは?

メインドメインとは、あなたがサロンホームページをつくる際に取得するドメインです。
ドメイン取得会社にて取得できます。通常はホームページ制作会社が代行で取得します。
ここでは例として、あなたが美容サロンのホームページに以下のドメインを取得したとします。

Maindomain

サブディレクトリとは?

メインドメインからひとつ階層を下げた構造です。
美容サロンを開業して、まだ1店舗しかない方でもサブディレクトリの設定をした方がいい場合もあります。

それはブログです。ブログの階層を作っておくことがおすすめなのは、
ホームページとは別の階層に新たなサイトをつくるイメージです。

サブディレクトリで階層を分けて新たにドメインを作ることで、ブログに特化した別のサイトでホームページなどに流入させるのが狙いです。
ブログに特化したサイトでブログを書いていくことは、ブログの自由度が高く、サイトに訪れたお客様が読みやすい設計がされているのでおすすめです。

サブディレクトリで階層を分ける場合は以下のようにしましょう。/blogのところはあなたのブログタイトルでも構いません。

Subdirectory blog

サブドメインとは?

美容サロンのホームページ運営では、あまり気にする必要はないのですが、
サブドメインは、あなたのサロンのドメインの頭に振り分けているドメインです。
イメージとしては、サブディレクトリはメインドメインに紐づいているのに対して、サブドメインはメインドメインと別の独立した存在といったところでしょうか。

なぜ、サブドメインをおすすめしないかについてですが、一言でホームページのSEO対策です。
下の階層にあるサブディレクトリ型のドメインはメインドメインに与える影響がサブドメインで設定するより大きいだろう。という理由です。

ブログでしっかりキーワードを狙って記事を書いていれば、ホームページのメインドメインも強くなるでしょう。
*弊社はこのブログサイト(MCLab.)を独自のドメインで運営しておりますが、弊社の場合はホームページの上位表示を狙ってこのブログを運営しておりません。

Subdomain

サブディレクトリで分ける理由

先に説明したブログの場合の設定もそうですが、多店舗展開する際にもサブディレクトリで分ける方が良いでしょう。
なぜなら、1店舗の場合なら、地名+ヘアー、ネイル、マツエク、エステ等の業種をキーワードに、ホームページを構成できますが、
これが2店舗になったら、ホームページのメインドメインから地名が2つ検出されるので、1つの地名と業種に絞ってホームページを設計している競合にSEOで負けてしまいます。
ですので、2店舗になる場合は、駅名や地名等でサブディレクトリを分けた方が良いでしょう。
店舗毎に独立したホームページを作るイメージです。

Subdirectory umeda

注意点

大手サロン等ではよく、このようなサブディレクトリ構造のドメインを見かけたりします。

Subdirectory shop

2,3店舗の複数店舗では/shopの階層はつけなくても大丈夫です。
なぜなら、階層は少なければ少ないほど良いという考え方があります。
現状どちらが良いかというのは難しいですが、店舗が少ないうちは、/shopの階層は不要かと思います。
ただ、あなたが大手のサロンのように規模を拡大していく予定なら、/shopの階層をいれておいても良いかと思います。

まとめ

サロンのホームページ運営において、ドメイン設定も戦術の一つです。
特にあなたがご自身でホームページの管理を行っている場合は、知っておくと良い知識かと思います。
これを機にサブディレクトリで階層を分け、ホームページを盤石なものにしておきましょう。

Kohei Hisai
ブランディングディレクター。EC日本トップクラスの販売量を誇る玉ねぎブランド『伝家の宝玉』や、日本初の食材を使ったご当地ラーメン屋など大手マスメディアを巻き込んだPR戦略を含んだブランディングに従事。直近では大阪の老舗スイーツ店のリブランディング/EC販売支援、有名観光施設のWEBマーケティング支援などを行っている。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

美容サロン開業時のリフォーム費用 最低限必要な項目と5つのチェックポイント

今回はテナントを契約した後に行うサロンのリフォームを想定します。 最低限ここだけは抑えておきたいというのをまとめてみました。

美容サロンのペルソナ設定のコツ

ペルソナとはなんでしょうか? あなたの美容サロンに来てほしいお客様像を詳細に描いたものがペルソナです。 このペルソナは具体的であればあるほど良いとされており、 あなたが美容サロンを経営していく際の指針となることでしょう。

元不動産屋が教える美容サロンに最適な物件の見つけ方

今回は元不動産屋が美容サロン物件をみつけるにあたり、 プロが実際やっている、サロン物件の探し方をご紹介します。

<完全版>美容サロン開業準備やることリスト25選

美容室、ネイルサロン、マツエクサロン、エステサロン等の美容サロンで開業準備にやるべきことをまとめてみました。

Recent Comments