土曜日, 12月 5, 2020
No menu items!
ホーム ビジネス 知らないでは済まない!?美容サロン開業における物件選びの落とし穴

知らないでは済まない!?美容サロン開業における物件選びの落とし穴

美容サロンを開業する際、あなたはまず物件を賃貸で借りることになります。
この記事では賃貸マンションを契約してマツエクサロンやネイルサロン、エステサロンを開業しようとしている方に向けて書いた記事です。

■不動産会社を信用するな!?若い不動産営業マンの話

不動産会社に行くと、たまにこの人大丈夫かな?と思う人いませんか?
若くて元気だけど、物件について質問したら、あやふやな答えが返ってくる人。
そうです。その人です!
あなたが不動産会社にサロンを開業するために、物件探しに行っていると想像してください。
あなたはネイルサロン、マツエクサロンを開業したいと考えております。
するとあなたが不動産会社に伝えるのは、細かい条件を除けばこの2点です。

  1. 賃貸マンションで住むことを前提にそこでサロンを開業したい。
  2. 住むことはしないけど、賃貸マンションの方がテナントより初期費用が安いから賃貸マンションでサロンを開業をしたい。

わかっている営業マンの答え
「でしたら、事業用としても利用できるマンションをご紹介します。」

あやうい営業マンの答え
「わかりました、賃貸マンションですね、これからご紹介させて頂きます。」

上記の違いわかりますか?

通常、賃貸マンションもしくは分譲マンションの1室を賃貸(分譲マンションの1室の所有者がその部屋を賃貸で貸すこと)では、不特定多数の人の出入り、つまりサロン経営の許可を与えておりません。
マンションの管理規約にて、実はほぼ書いてある事項です。
そのことを知らない営業マンがあなたに賃貸マンションを提案してきました。
あなたもそのマンションが住むための場所であり、事業できないことなど知らない場合、そのまま契約をしてしまうことでしょう。
事実、意外と知らずに管理規約上でサロン経営ができない賃貸マンションを契約し、サロンを開業しているオーナー様は多いです。
ポストにサロン名を表示することはもちろんできませんし、家主さんに知られると、規約違反で、罰金と退居を言い渡されることもあります。

■それでもあなたは借りますか!?

それでも賃貸マンションなのだから、友達が遊びにくることだってあるし、
私が今住んでる他の部屋も結構いろんな人が出入りしてるからバレることはないでしょ?
私別にポストにサロン名出さなくても大丈夫だし。
そう考えるあなた、商売のセンスがあるかもです。
ただし、開業した後、広告を打たないならばという条件がつきます。

その理由を以下で説明します。

■ライバルからの洗礼

美容サロンであれば、広告は経営を左右する大きな要素です。
管理規約にて、サロン経営をしてはならないマンションで広告をうつ場合、部屋の号室を隠す必要があります。
なぜなら、号室が書いてあれば、あなたのサロンの存在をライバルに知られ、
ライバルがそのマンションの管理会社にあなたのサロンの存在を報告するからです。
ですから、来店頂くお客様には予約後にメールで部屋の号室を伝えるなどの工夫をしているオーナー様もいらっしゃいます。(もちろんプライベートを確保したいという意図もあるでしょう)
ですが、ライバルサロンがお客様のフリをして予約することもあるでしょう。
そうなれば報告間違いなしです。
実際このような行為は多く存在します。

■再び・・・それでもあなたは借りますか?(まとめ)

今回はサロンを開業するにあたり、知らないと怖い賃貸マンション契約についてお話しました。上記を踏まえて本当に契約しても良いのかを慎重にお考え下さい。

Kohei Hisai
ブランディングディレクター。EC日本トップクラスの販売量を誇る玉ねぎブランド『伝家の宝玉』や、日本初の食材を使ったご当地ラーメン屋など大手マスメディアを巻き込んだPR戦略を含んだブランディングに従事。直近では大阪の老舗スイーツ店のリブランディング/EC販売支援、有名観光施設のWEBマーケティング支援などを行っている。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

美容サロン開業時のリフォーム費用 最低限必要な項目と5つのチェックポイント

今回はテナントを契約した後に行うサロンのリフォームを想定します。 最低限ここだけは抑えておきたいというのをまとめてみました。

美容サロンのペルソナ設定のコツ

ペルソナとはなんでしょうか? あなたの美容サロンに来てほしいお客様像を詳細に描いたものがペルソナです。 このペルソナは具体的であればあるほど良いとされており、 あなたが美容サロンを経営していく際の指針となることでしょう。

元不動産屋が教える美容サロンに最適な物件の見つけ方

今回は元不動産屋が美容サロン物件をみつけるにあたり、 プロが実際やっている、サロン物件の探し方をご紹介します。

<完全版>美容サロン開業準備やることリスト25選

美容室、ネイルサロン、マツエクサロン、エステサロン等の美容サロンで開業準備にやるべきことをまとめてみました。

Recent Comments